2003年8月20日 ~第一歩

何を「問題」とするか.明確な意識が扉を開く.


2003年8月19日 ~無駄それとも源泉

試すことこそ原動力.無駄を恐れず突き進もう.


2003年8月18日 ~研究の盲点

考える時間がないのか,考える気がないのか.自問することに意義あり.


2003年7月24日 ~Webページあたりの訪問時間

一般に長い訪問は期待できない.それを意識したページデザインが不可欠.


2003年7月17日 ~教育的観点に立たないモデル作り

学習者の観点に立った学習モデルこそ必要.


2003年7月15日 ~道がわかるということ

道を知っていることと道を通ること.この差は大きい.


2003年7月7日 ~背伸びの効用

少しの背伸びと無理な背伸び.どちらの背伸びか見極めが大事.


2003年7月1日 ~学習とコンピュータ

Learning from Computer or Learning with Computer. この違いの認識は重要.

(cf. D.H.Jonassen: Computers as Mindtools for Schools, Second Edition, Merrill/Prentice Hall, 2000)


2003年6月17日 ~支援の重み

複雑混沌とした思考プロセスに見通しを与える抽象化こそ学習支援の真髄


2003年5月21日 ~情報科学のつかみどころ

情報科学の対象.それは…何.


2003年5月20日 ~学習理論

自作した学習モデルを理論と呼ぶためには何が必要なのか


2003年5月19日 ~Go Slow

ゆっくり行くのもまた一つ.


2003年5月15日 ~個別化

PersonalizationはUse-driven,CustomizationはSystem-driven.


2003年5月14日 ~Critical Thinking

論文サーベイでは,批判的な観点に立つことが大切である.しかし,否定ばかりではいけない.


2003年5月13日 ~創造

自分で作り上げたものを否定するには勇気がいる.しかし,その勇気を持たなければ新しいものを生み出すことはできない.


2003年5月12日 ~教育は学習の必須条件?

教育を必要としない学習はなんぼでもある.学習支援は教育とイコールではない


2003年5月11日 ~Domestic or International

国際会議はInternational Englishであって欲しい


2003年5月10日 ~キーワードの重要性

一言で表せない研究は未完成である


2003年5月9日 ~都会人のパーソナルスペース

満員電車がパーソナルスペースを狂わせる


2003年5月8日 ~大人の学び・子供の学び

Adult Learning TheoryがみているSelf-directedness/Motivation


2003年5月7日 ~ハイパーテキスト教材の苦悩

ハイパーテキスト構造が教材構造として普及しないのにはワケがある.


2003年5月6日 ~薄っぺらなeLearning

学習科学(Learning Science)と学習工学(Learning Engineering)がeLearningを救う